2010年02月07日

心配性

心配性


ファンピーターの前にぴったりと張り付いてポーが暖を取っていた。そのポーと時計を交互に見ながら、ケイタがやきもきしている。時々ポーを抱き上げてヒーターから遠ざける。

ヒーターの前で長時間じっとしている猫は、自分がやけどをしているのに気づかないことがあるそうだ。だからじっとしている猫を時々抱き上げて動かしてやらないといけないらしい。自分で買ってきた猫のペット雑誌にそう書いてあったのを読んでから、ケイタはポーがやけどしてないかずっと心配している。

ケイタ(小学4年生長男)はとても心配性なのだ。

幼児用ヒーターカバーをつけているので、多分大丈夫だと思うが、年取ったポーが大好きで、可愛くてしょうがないらしいケイタには心配でたまらないことのようだ。


魚を焼くとそのニオイに反応してポーが鳴き出すことがよくある。食卓の周りをうろうろして催促しているのだ。でも焼き魚をポーに与えることは決してしない。
猫にとっては塩分が強すぎるから、人間用のおかずをそのままポーに食べさせてはいけない。ポーに与える時には、何回か煮こぼして塩抜きをして与えるようにしている。
このことは子どもたちにもよく言って聞かせているので、ポーがいくら欲しがっても自分たちの皿の魚を与えたりはしない。

先日、冷奴の上にかけられた鰹節のにおいに釣られて、ポーが欲しそうにしていたという。このとき僕はいなかったので母親から聞いた話だ、

「ポーちゃん、コレはお醤油がかかっているからダメだよ」

カミサンがポーにそう言い聞かせていたらしい。

しばらくして、母親が醤油のかかっていない鰹節を一つまみポーに食べさせた時のことだ。
それを見咎めたケイタがすごい剣幕で怒り出した。

「ポーが、ポーが、死んじゃうじゃないかッ!」

先ほどの醤油のかかった鰹節を食べさせたと思ったらしい。
母親の説明にも聞く耳を持たず、ケイタは本気で涙目になりながらいつまでも怒っていたという。

「醤油を食べたらポーが死んじゃうじゃないかー」

20歳を過ぎても食欲の衰えも見せない元気なポーだけど、ケイタの心配はまだまだ続きそうだ。


posted by ころすけポー at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫と子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ!
温かいお話をありがとうございます★

けいたくんの心配性かわいいですね
ポーのことが大好きな様子が
とてもよく伝わってきます(^^)

けいたくんの気持ちはきっと、
ポーにもしっかりと伝わっていますよね

素敵なご家族だな〜といつも思っております

最近本当にすごく寒いので、
ころすけポーさんも、黒猫ポーも、お体に気をつけて!
Posted by ばたやん at 2010年02月13日 20:50
こんにちわ!
温かいお話をありがとうございます★

けいたくんの心配性はかわいいですね(^^)
ポーのことが大好きな様子が
とてもよく伝わってきます

けいたくんの気持ちはポーにも
しっかりと伝わっていますよね

いつも素敵なご家族だな〜と思っております

最近大変寒いので、ころすけポーさんも、
黒猫ポーもお体に気をつけて
Posted by ばたやん at 2010年02月13日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140515351

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。