2009年10月04日

かつおぶしだよ人生は

かつおぶしだよ人生は



早朝、犬の散歩があるので、家の中で一番早く起きるのは僕だ。
階下に下りて行くと、居間で寝ているポーが、待ってましたとばかりに、エサを催促してくる。気まぐれな猫の食欲のため、いつ食べてもいいように固形フードが常備されているのだが、それではなくて『もっと美味しいもの』をポーは要求しているのだ。

『もっと美味しいもの』といっても、ポーの場合はかつお節か煮干である。でも、人生はかつお節だと思いこんでいるポーはそれをもらうまで「ふぎゃぁー、ふぎゃぁー」と鳴き叫ぶのをやめようとはしない。

かつお節を少し食べればその時は満足するらしく、すぐにおとなしくなった。

しばらくして散歩から帰ってくると、玄関で僕の帰りを見張っていたポーが再び「ふぎゃぁー、ふぎゃぁー」の催促鳴きをはじめた。

「さっき、かつお節、食べたろッ」と言うと、

「ふぎぃッ」と鼻を鳴らしてそっぽを向いた。

食べたのはわかっているくせにボケた振りをして催促しているらしい。

猫も人間と暮らし始めて20年もたつと人語はすっかり理解しているにちがいない。それだけではなく、ポーを見ていると時々、人生の辛さ切なさといった感情の機微までわかっているような気がすることがある。
ポーはこの秋で10歳になる小学4年生の長男よりも2倍も長く世の中を見ているのだ。

そろそろ人間の言葉でしゃべり始めるのではないか、と僕はひそかに思っている。




かつおぶしだよ人生は

かつおぶしだよ人生は

  • アーティスト: 加藤清史郎&アンクル☆させ,加藤清史郎,高田ひろお,佐瀬寿一
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2009/09/02
  • メディア: CD






  
posted by ころすけポー at 14:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。